ヒアルロン酸の魔法

Latest Entries

スポンサーサイト

--年--月--日(--)  カテゴリ:スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
URI:blog-entry-.html

ヒアルロン酸はこんな方にオススメ

2005年11月15日(火)  カテゴリ:[ヒアルロン酸]ヒアルロン酸とは

乾燥肌でお悩みの方
お肌のしわやたるみが気になる方、予防したい方
腕や脚、背中など、身体全体の美肌・スキンケアをしたい方

オフィスワークなどによる目の疲れや体の疲労を回復したい方
関節痛や更年期障害の症状が気になる方

などなど。

スポンサーサイト
URI:blog-entry-1.html
コメント:3
トラックバック:3

ヒアルロン酸って何?

2005年11月15日(火)  カテゴリ:[ヒアルロン酸]ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸とは細胞と細胞の間を埋めるムコ多糖の1種です。
私たちのカラダの細胞の1つ1つの周りには細胞外マトリックスという物質が存在していますが、その中でも主役をつとめる成分がヒアルロン酸です。

特徴として驚異の保水力を持ち、その保水量は1g(1円硬貨の重さ)の量のヒアルロン酸で約6kg(1.5リットルのペットボトル4本分!)。

60兆~100兆個あると言われる私たち人間の細胞は、このヒアルロン酸をはじめとするムコ多糖に満たされ守られています。生きていくうえで必要不可欠なものです。

URI:blog-entry-2.html
コメント:0
トラックバック:1

ヒアルロン酸はどんな働きをしているの?

2005年11月15日(火)  カテゴリ:[ヒアルロン酸]ヒアルロン酸とは

私たちの皮膚の下には、弾力性のあるコラーゲンが繊維状に存在します。
コラーゲンは皮膚を固定し、皮膚が崩れたり、歪んだりしないように強度を与えているんです。

その繊維状のコラーゲンの間を埋めているのが、水分をたっぷりと含んだヒアルロン酸です。
ヒアルロン酸が減少し始めるとコラーゲンも変質し、皮膚がたるんでしまいます。
つまりお肌の水分が少なくなることで弾力性を失い、しなやかさも無くなってしまうのです。

ヒアルロン酸の合成力は加齢とともに低下しますが、ヒアルロン酸を体に補給することでお肌はみずみずしさとしなやかさを保つ事が出来ます。

URI:blog-entry-3.html
コメント:0
トラックバック:0

加齢に伴い減っていくヒアルロン酸

2005年11月16日(水)  カテゴリ:[ヒアルロン酸]ヒアルロン酸とは

赤ちゃんの体の90%は水で出来ています。赤ちゃんのお肌にはヒアルロン酸が多く存在し、潤いを保っています。だから、あんなにもプルプルなんです。

でも、私たちの体内のヒアルロン酸合成能力は、今話題のコエンザイムQ10やαリポ酸と同じく衰えます。しかもヒアルロン酸の減っていくスピードは驚くほど早いんです。

ヒアルロン酸と同じムコ多糖の1種コラーゲンが体内で半減するまでの期間は約半年と言われていますが、これに対してヒアルロン酸が半減するまでの期間は1~2週間とすごく短いんです。
言い換えれば減少の早いヒアルロン酸は常に不足しがちな物質とも言えます。

ヒアルロン酸の量を、0~20歳までを100とした場合、30歳までは70%、50歳までは40%、60歳までには約25%まで減ってしまいます。

URI:blog-entry-4.html
コメント:2
トラックバック:1

吸収されにくいヒアルロン酸

2005年11月16日(水)  カテゴリ:[ヒアルロン酸]ヒアルロン酸の摂取

ヒアルロン酸の効用が解るにつれ、化粧品や医薬品のように局所で用いるだけでなく、食べて全身に補えば、もっと活用範囲が広がるだろうと期待されていました。

でもそこには大きな問題がありました。
体内のヒアルロン酸を食べることで補うには、あまりにも分子量が大き過ぎる(高分子)ということが解ったのです。

つまり通常の天然ヒアルロン酸は、消化・吸収されにくいのです。

URI:blog-entry-5.html
コメント:0
トラックバック:0

どういうものが良いの?

2005年11月16日(水)  カテゴリ:[ヒアルロン酸]ヒアルロン酸の摂取

それではどのようなヒアルロン酸が良いのでしょうか?

低分子化してある
天然由来の成分である
国産食用鶏を使っている
酵素法分解である

などです。

薬剤師が教えるヒアルロン酸選び

URI:blog-entry-6.html
コメント:0
トラックバック:0

ヒアルロン酸の効果

2005年11月16日(水)  カテゴリ:[ヒアルロン酸]ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は、身体のどの場所においても保水性を保ちます。

ヒアルロン酸を積極的に食べると、乾燥肌、目の疲労、疲労回復、生理痛の解消、冷え性改善、老化防止、関節痛、更年期障害、ドロドロ血、細胞組織修復作用、貧血、湿疹アトピーの改善、糖尿病、性的減退などにヒアルロン酸は効果的です。

URI:blog-entry-7.html
コメント:0
トラックバック:0

Utilities

プロフィール

Author:もぐたん
FC2ブログへようこそ!

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。